スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by しばいぬ  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

アマトリチャーナ

『アマトリチャーナ』は

イタリアンで働き始めたころに
よく食べていた思い出深いパスタだ。

このパスタは
基本的には。。。

『パンチェッタ』や『グアンチャーレ』
のような塩漬けにした加工肉と

『玉ねぎ』を使った『トマトソース』のパスタで

必ず忘れてはならないのが
たっぷりすりおろした『ペコリーノロマーノ』である。

このソースをベースとして
『ブカティーニ』や『リガトーニ』などの
しっかりとして噛みごたえのある『パスタ』を合わせる。

なんだか『カタカナ』がいっぱい出てきて
イタリアンに馴染みのない人は

『何が基本的には、だ。』などと
イラッとしたと思うが

そういう名前がついちゃてるのでしょうがない。

DSC_0032_convert_20121030232908.jpg
アマトリチャーナ

とはいいつつも
なかなか日本の家庭に
『パンチェッタ』や『ペコリーノロマーノ』
は常備していないので

ここは
『ベーコン』と『粉チーズ』に
置き換えて妥協しましょう。

ときには諦めも肝心です。

『アマトリチャーナ』の
大きな特徴のひとつに
『玉ねぎのアクセント』があります。

今回はその『玉ねぎの味』を引き出すために
『スライス』したものと
『かなり細かくみじん切り』にしたものの
2種類の切り方で準備します。

フライパンに『にんにくのみじん切り』と『オリーブオイル』を
入れて弱火にかけ香りを出します。

つぎに『カットしたベーコン』と
『玉ねぎスライス』を加えて炒めます。

特に『ベーコン』はよく味が出るので、
しっかり炒めます。

次に、『ホールトマト』を加えてよく煮詰めます。

だいたい煮詰まった頃に、
『かなり細かくみじん切りにした玉ねぎ』を加えサッと煮ます。

『玉ねぎ』は炒めた方が味が出る、、と言いますが
それは正しいです。

、、ですが今回に関しては
『玉ねぎ感』をより多く出したいので
あえて『よく炒めたタマネギ』と『サッと煮たタマネギ』
の2種類を使って

玉ねぎ独特の
『甘み』と『フレッシュ感』の両方で
奥深い味わいに仕上げました。

そのソースを『塩』と必要ならば『砂糖』で味を整え
茹で上がった『パスタ』と合わせます。

仕上げに
『粉チーズ』を混ぜ入れ
『バージンオイル』で香り付けて盛りつけます。

お好みの量の『粉チーズ』をかければ完成!

こういう『定番パスタ』っていうのは
基本的な作り方はあるものの
人によって千差万別です。

前にテレビで
イタリア人が
日本の『ナポリタン』を食べて
『これ、アマトリチャーナ?』って言ってたのを
よく覚えてます。

確かに味は似てるなぁ、、
日本人になじみのある味でしょう!

あ〜、これ書いてて
また食べたくなってきた、、、

見た目以上に奥深い一皿



にほんブログ村 料理ブログへ


↑今までのレシピはこちらからも見れます!!



どれでもクリックして頂けると励みになります◉























スポンサーサイト
テーマ: 料理日記 -  ジャンル: グルメ
by しばいぬ  at 09:17 |  パスタ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

しばいぬ

Author:しばいぬ
千葉で奥さんと
3歳の男の子と3人暮らし

趣味は写真、キッチン用品、器集め、食材を見ること。。

趣味に関しては
『浅く広くときどき深く』
がモットー。。
なのでころころ変わる。

奥さんいわくおれは柴犬に似てるらしい。。

フレンチの結婚式場、
スリランカ料理、
都内のイタリアンレストランを経て、
現在は野菜にこだわった
カフェで料理長やってます。。。

1982年生まれの31歳


ランキングはこちら↓↓↓

FC2 Blog Ranking







このブログはリンクフリーです

最近の記事
最近のコメント
トリップアドバイザー
世界最大級の旅行口コミサイト 『トリップアドバイザー』さんから オススメブロガーに認定されました!
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。