スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by しばいぬ  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

カプレーゼの冷製カッペリーニ

『カプレーゼ』とは
『カプリ風』という意味である

イタリアンレストランなんかで『カプレーゼ』
というメニューがよくあるが

ほとんどの場合
『トマト』『バジリコ』『モッツァレラ』が
キレイに切られて盛りつけられた『前菜』だ

『イタリアン』をイメージしたときに
真っ先に思い浮かぶ組み合わせだろう

簡単に言ってしまえば
上記の3つの食材を使った料理が『カプリ風』なのである

そんなわけで
今年も『冷製パスタ』解禁だ!

DSC_0017_convert_20120711010100.jpg
カプレーゼの冷製カッペリーニ

作り方は
『ボウル』に一口大に切った
『トマト』と『モッツァレラ』を入れます

さらに『EXVオリーブオイル』を加え
『ハチミツ』を少し入れ
『トマト』の甘みを引き出します

茹で上がった『カッペリーニ』を
冷やして、
よ〜く水気をきって上記のソースと和えます

ちぎった『バジリコ』を加え
『塩』で味を整えたら
冷蔵庫で冷やしたお皿に盛りつけて完成!


『カッペリーニ』は『髪の毛』と言う意味で
その名が示す通りの『極細パスタ』です

また『カッペリーニ・ダンジェロ』とも呼ばれ
『天使の髪』というなんとも『オシャレ』なパスタなのざます

さて
話しはそれましたがここからが
『ポイント』!!

 * 『カッペリーニ』は
   しっかり塩味のするお湯で茹でましょう!
  (これに限らずパスタを茹でる基本ですね)

 *  茹で上がった『カッペリーニ』は
    『氷水』でよく冷やしましょう!

当たり前の様ですが
この2つをしっかり
『やる』か『やらないか』で
仕上がりの美味しさは『月とスッポン』です

『冷製パスタ』の場合
『パスタ自体』に『塩味』がついてないと
ソースと和えて、後から『塩』を足しても
味が全然まとまらないのです

それと
『ぬるい冷製パスタ』は美味しくないです

夏場の流水だけだと
美味しい温度に下がらないので

ここはしっかり『氷水』で冷やしましょう!

自分で書いててなんですが
『月とスッポン』って表現、
古いですね!

では!!


冷製パスタの定番の一皿



にほんブログ村 料理ブログへ


↑今までのレシピはこちらからも見れます!!



どれでもクリックして頂けると励みになります◉




スポンサーサイト
テーマ: 料理日記 -  ジャンル: グルメ
by しばいぬ  at 09:17 |  パスタ |  comment (1)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

No title

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
by 職務経歴書 2013/11/22 11:09  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

しばいぬ

Author:しばいぬ
千葉で奥さんと
3歳の男の子と3人暮らし

趣味は写真、キッチン用品、器集め、食材を見ること。。

趣味に関しては
『浅く広くときどき深く』
がモットー。。
なのでころころ変わる。

奥さんいわくおれは柴犬に似てるらしい。。

フレンチの結婚式場、
スリランカ料理、
都内のイタリアンレストランを経て、
現在は野菜にこだわった
カフェで料理長やってます。。。

1982年生まれの31歳


ランキングはこちら↓↓↓

FC2 Blog Ranking







このブログはリンクフリーです

最近の記事
最近のコメント
トリップアドバイザー
世界最大級の旅行口コミサイト 『トリップアドバイザー』さんから オススメブロガーに認定されました!
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。