豚ロースのステーキ オニオンバターソース

なんか無性に『肉』が
食いたくなる時がある

『ひき肉』じゃなく『肉』だ

理想をいえば
よく漫画に出てくる
骨付きのあれだ

だがそんなものはそこいらに
売っていないので
現実世界に戻ろう

そんな気分で
スーパーに買い物に行った時に
『厚切り豚ロース』があったので

(『牛』はお高いのでガマン)

『これだ!』とカゴの中へ

高まる気持ちを押さえつつ
晩ご飯の時間を迎え

『肉』を焼く

DSC_0008_convert_20130430004823.jpg
豚ロースのステーキ オニオンバターソース



『ソース』はゴハンに合うように
『玉ねぎスライス』に『バター醤油』
を絡めたものをチョイス

『肉』を焼いた後の
おいしい焼き汁が残った状態の
フライパンに『ニンニクスライス』を投入

オイルが足りないようなら少しサラダ油を足す

香りが出たら『玉ねぎスライス』を加えて
しんなりするまで炒める。

強火にすると焦げやすいので注意

『みりん』を入れアルコールをとばし
同量の醤油もくわえる

最後に『バター』を溶かしいれて
肉にかければ完成!

『肉を焼く』という行為はじつに奥が深い

おそらく『プロ』と『素人』の差は
この『火入れの加減』が一番大きいだろう

『たれ』や『ソース』はレシピ通りに
つくればそんなに失敗はないが

この『火入れ』に関しては経験とセンスが
ものをいう

パサパサなイメージの
『ささみ』や『鶏むね肉』も
絶妙に火を通せば
柔らかくしっとり仕上げる事ができる

『焼く』という
原始的な調理法はシンプルながら

味覚はもちろん
焼く『音』や『匂い』
など『五感』に訴えてくるものがある

『厚い肉』を焼く場合は
集中してみてください!


にほんブログ村 料理ブログへ


↑今までのレシピはこちらからも見れます!!









スポンサーサイト
テーマ: 料理日記 -  ジャンル: グルメ
by しばいぬ  at 23:32 |  肉料理 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

しばいぬ

Author:しばいぬ
千葉で奥さんと
8歳の男の子と
1歳の女の子の
4人暮らし

趣味は写真、キッチン用品、器集め、食材を見ること。。

趣味に関しては
『浅く広くときどき深く』
がモットー。。
なのでころころ変わる。

奥さんいわくおれは柴犬に似てるらしい。。

フレンチの結婚式場、
スリランカ料理、
都内の
イタリアンレストラン、
野菜にこだわったカフェ、
ハウスウェディング料理長
などなどを経て
現在は
企業のレストランメニューの
商品開発を
やっています。。。

1982年生まれの36歳


ランキングはこちら↓↓↓

FC2 Blog Ranking







このブログはリンクフリーです

最近の記事
カテゴリー
トリップアドバイザー
世界最大級の旅行口コミサイト 『トリップアドバイザー』さんから オススメブロガーに認定されました!
月別アーカイブ
最近のコメント
FC2カウンター