スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by しばいぬ  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

ヒイカとホウレン草のトマトソーススパゲティ

久っっっっっさしぶりの更新です。

季節は『食欲の秋』をとっくに通り越し、
街の景色は『クリスマス』一色。

『クリスマスソング』って
テンション上がりますよね!

30歳を過ぎたおっさんでも
『クリスマス』で浮かれる権利は持っているのだ。

子どもが産まれてから3回目のクリスマス。

こっそり枕元に『プレゼント』を置くのを
今から楽しみにしています。

DSC_0004_convert_20131214014600.jpg
ヒイカとホウレン草のトマトソーススパゲティ

クリスマスに向けて
こんな『クリスマスカラー』のパスタ
なんてこの時期いかがでしょう?

ヒイカは
『軟骨』と『目玉』、『くちばし』はしっかり
取り除き、下茹でしておきます。

フレッシュなトマトソースが合うので
ソースを作る際に入れる『玉ねぎ』は
『ニンニク』『アンチョビ』と一緒に『オリーブオイル』で
透き通るくらいまで炒めたら

『ホールトマト』を2人分で一缶投入。

5分くらい中火でサッと煮詰めたら、

あらかじめ下ゆでした『ヒイカ』と『ホウレン草』
も入れて、
茹で上がったスパゲティと合わせます。

『アンチョビ』の磯の風味が隠し味になって
『ヒイカ』の味をこっそり引き立てます。

『トマトソース』も煮込み過ぎないことで
あえて酸味を残します。

全体的にキレがあるソースで魚介とよく合います。

またソースに酸味がある分、
相対的に『ホウレン草』の甘みが引き立ちます。

パルメザンチーズ何かはかけないほうが良いでしょう。

ひとくくりに『トマトソース』といっても
合わせる具材によって

『甘みを引き出したタイプ』や
『酸味のあるタイプ』など使い分けると
ワンランク上のパスタに仕上がります。

そんな感じでまた次回!

『ヒイカ』も『ホウレン草』もどっちも主役な一皿

にほんブログ村 料理ブログへ


↑今までのレシピはこちらからも見れます!!







スポンサーサイト
テーマ: 料理日記 -  ジャンル: グルメ
by しばいぬ  at 02:12 |  パスタ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

バジルと大葉のフレッシュペペロンチーノ

うちのチビッコも
幼稚園に慣れてきたのか
だいぶ『言葉』を覚えてきた

新たに覚えたであろう言葉を
一生懸命に駆使して

おれに話しかけてくる姿は
なんとも『成長』を感じ、
『目頭』が熱くなる事もしばしばだ

子どもが
産まれてからというもの、
どうも『涙もろく』なってしまった

『はじめてのおつかい』なんぞで
泣く事など一切なかったのだが
人間変わるものである

『親子もの』の感動系に
めっぽう弱くなってしまった

夕方にニュースの特集などで
ふいに感動系を差し込まれ
予想外に涙ぐんでいると

『えっ、、これで泣くの!?』と
奥さんに揶揄されることもしばしばだ

その変化は
『北斗の拳』で
暴力の限りを尽くしていた『山のフドウ』という悪党が、
少女に『産まれたばかりの仔犬』を手にのせられ
その温もりで優しさに目覚めるというエピソード
に似通うものがあろう

そんなフレッシュな気持ちを
胸に今回はこれ
DSC_0022_convert_20130628011112.jpg
バジルと大葉のフレッシュペペロンチーノ

フライパンに『オリーブオイル』を入れ、
『粗くみじん切りしたニンニク』と
種を抜いた『鷹の爪』を手で細かくちぎって
香りが出るまでじっくり火を通します

いい香りがしてきたらパスタを茹でている
お湯をお玉で1〜2杯程いれ『ソース』とします

パスタが茹で上がったら
細く切った『バジルと大葉』を
一緒にフライパンに入れます

全体的に和えて
『塩』で味を整えれば完成!

一人前当たりで
『バジルが4枚』
『大葉が3枚』ぐらいかなあ

シンプルなパスタなので

あえてニンニクは『粗い』みじん切りにして、
唐辛子は手でちぎって入れる事で
一緒に食べるように仕上げます

ガツンと『辛み』と『ニンニク』が効いた
『ペペロンチーノ』のベースに

『バジルと大葉』を加えることで
『フレッシュ感』をプラス

刺激的だけど『爽やか』な
夏にもってこいのパスタです

ワイルドでフレッシュな一皿


涙もろいついでに、、、
最近見た『東京ガス』のCMで泣かされました
『youtube』で見つけたので
心温まりたい人はどうぞ

90s 東京ガス CM 家族の絆 おばあちゃんの料理篇


にほんブログ村 料理ブログへ


↑今までのレシピはこちらからも見れます!!












テーマ: 料理日記 -  ジャンル: グルメ
by しばいぬ  at 09:17 |  パスタ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ソラ豆と生ハムの春色スパゲティ

季節感のある食材は
使っていてわくわくする

『空豆』もその食材のひとつだ

『空豆』の形は言葉の響き通り
『そらまめ』って感じの形をしている

うちのチビッコがまだ
お腹の中にいたころ
超音波で写真をみると

『空豆』の形にそっくりだったのを
よく覚えている

今回はそんな空豆に
『カルディ』で買ってきた
『生ハム切り落とし』と一緒に
パスタにした

この『生ハム切り落とし』は
晩酌のつまみにもいいし
こうやってパスタに入れても美味しい

DSC_0080_convert_20130515004839.jpg
ソラ豆と生ハムの春色スパゲティ

『新玉ねぎ』を加えて
春の味覚を楽しんだ

『空豆』はさやから取り出し
薄皮のついたまま1〜2分茹でます

茹でてザルにあけ包丁等を使い
薄皮をむいて下ごしらえします

フライパンに
ニンニクのみじん切りとEXVオリーブオイルをいれ
火にかけ香りをだす

そうしたら新玉ねぎのスライス
をいれて炒め、生クリームを少しいれて煮詰める

下ゆでした『空豆』を入れて
茹で上がったパスタと和える

塩で味をととのえ
盛りつけて、小さくカットしたトマトと
生ハムをのせて完成!

『生クリーム』を少し入れ
口当たりをまろやかにします

クリームと豆類は相性がいいので
美味しいですよ

見た目も春らしい一皿


にほんブログ村 料理ブログへ


↑今までのレシピはこちらからも見れます!!



テーマ: 料理日記 -  ジャンル: グルメ
by しばいぬ  at 01:06 |  パスタ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

レタスとアンチョビのスパゲティ

『思い込み』や『先入観』というものは

新しい物事に取り組む場合はできるだけ
持ち合わせないようにすることが懸命だ

なぜなら
『先入観』は考えやアイデアを制限してしまう

こんなにもったいない事はないだろう

しかし時には『先入観』がもたらす『勘違い』
によって新しい気づきがある場合もあるのだ

冷蔵庫を覗くと
新聞紙にくるまれた『丸い野菜』を発見

『お、春キャベツだ!』

テンションが上がったわたくしは脳内で、
『ア、アンチョビのパスタが食べたいんだなぁ』
と裸の大将のモノマネをしながら
その中身を確認せず調理へととりかかる

『ニンニク』を刻み『アンチョビ』と一緒に
『オリーブオイル』と火にかける

たまらなくいい香りがたちはじめ
いざ新聞紙から『例の野菜』を取り出すと、、、

思わず『何ィィィ』とリアルに声がでた
けっこう大きな声が。
(この時、家にわたくし一人。)

『これ、レタスじゃねーか、、、!』
裸の大将の余裕は吹き飛び
もうテンションはがた落ち

頭の中は『アンチョビ』と『春キャベツ』の
抜群の相性のパスタでいっぱい

『レタス』は全く悪くないが
この時ばかりは『レタス』を憎んだ

DSC_0005_convert_20130411015709.jpg
レタスとアンチョビのスパゲティ

しかし冷静に考えてみれば
『レタス』でも絶対美味しいはず、、、

茹で上がったパスタと一緒に
ざく切りした『レタス』をあわせる

火が入り過ぎてしまうと
色も黒ずんでしまうし
何より『シャキシャキ感』がなくなってしまう

神経を使いタイミングを見極めて仕上げ

『EXVオリーブオイル』を少し多めにかける

『EXVオリーブオイル』の青い香りが
『レタス』を引き立てるからだ

こういうシンプルパスタはごまかしが効かない
ちょいと技術がいる

このころにはもう『レタス』への
『八つ当たり』はなくなり

食べ終える頃には
『ありがとう』の気持ちになっていた

『春キャベツ』にも負けないくらい
『アンチョビ』との相性はよかった

新しい発見ができて大収穫な勘違いだった

ちなみにこういったケースで
新聞紙にくるまれた野菜で『長芋』かと思って

『やっほう!とろろにするぞ!』

とおろす準備をして、いざ取り出すと

『レンコン』

だった時はショックのあまり
冷蔵庫にそっと戻した

皆さんも『新聞紙』にはご注意を

勘違いもときには悪くない一皿


にほんブログ村 料理ブログへ


↑今までのレシピはこちらからも見れます!!









テーマ: 料理日記 -  ジャンル: グルメ
by しばいぬ  at 09:17 |  パスタ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

春キャベツと生ハムのカッペリーニサラダ

うちのチビッコも
4月から幼稚園に行き始めて
なんだか感慨深い今日この頃、、

ついこの間まで
『アー』とか『ウー』とか言いながら
ハイハイしていたのに

だいぶ言葉も達者になってきて
『お前、いつそんな言葉覚えた!?』
とビックリするようなこともちらほら

子どもの成長は本当に早いです

最近では気に入った『歌』もすぐに覚えて
まねっこして歌っている

『おかあさんといっしょ』の唄や『トミカ』の歌や
『aiko』の曲など等、はては『ワークマン』の吉幾三まで
そのレパートリーはジャンルを問わない

替え歌なんかも考えて唄うようになり
『おどるポンポコリン』のメロディーで

『ピーヒャラ、ピーヒャラ、パパの誕生♪』

などという荘厳な替え歌を披露するにまで
成長した我が子をみていると

   広がる未来に夢が溢れてる
   家族を想えば頑張れるはずさ

と熱唱する吉幾三が頭の中を駆け巡り
『頑張らなきゃな』
と気持ちを新たにするのであった

そんな春の訪れに
 
DSC_0002_convert_20130420021956.jpg
春キャベツと生ハムのカッペリーニサラダ

『カッペリーニ』は塩を入れたお湯で
『2分30秒』ほど茹でます
氷水で冷やし水気をよくきりボウルに移します

カッペリーニは60gも茹でれば
2人分は余裕でしょう

ドレッシングは
『白ワインビネガーを1』:『EXVオリーブオイルを3』
の割合で

始めにミキサーに『白ワインビネガー』を入れて
深みを出すために『野菜』もいっしょに回します

『野菜』は少しでいいので
今が美味しい『新玉ねぎ』と『人参』を入れました

細かくなったら『EXVオリーブオイル』を入れていき
また回します

最後に塩で味を整えて完成です

この『ドレッシング』と刻んだ『春キャベツ』
少しの『マヨネーズ』で和えましょう

重いようならほんの少し『水』をいれて
なめらかにしても構いません

お皿に盛付けて

『生ハム』を飾れば出来上がり!

ほどよい酸味が効いていて美味しいです

彩りも春らしい一皿


にほんブログ村 料理ブログへ


↑今までのレシピはこちらからも見れます!!




『小石原ポタリー』さんのお皿を使用しました

テーマ: 料理日記 -  ジャンル: グルメ
by しばいぬ  at 09:17 |  パスタ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

Author:しばいぬ
千葉で奥さんと
3歳の男の子と3人暮らし

趣味は写真、キッチン用品、器集め、食材を見ること。。

趣味に関しては
『浅く広くときどき深く』
がモットー。。
なのでころころ変わる。

奥さんいわくおれは柴犬に似てるらしい。。

フレンチの結婚式場、
スリランカ料理、
都内のイタリアンレストランを経て、
現在は野菜にこだわった
カフェで料理長やってます。。。

1982年生まれの31歳


ランキングはこちら↓↓↓

FC2 Blog Ranking







このブログはリンクフリーです

最近の記事
最近のコメント
トリップアドバイザー
世界最大級の旅行口コミサイト 『トリップアドバイザー』さんから オススメブロガーに認定されました!
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。